住まい・しごと

町営住宅

町営住宅の概要について

町営住宅について

 町営住宅とは 
町営住宅とは公営住宅法の規定により住宅に困窮する低所得者の方に低廉な家賃で賃借するために建設された住宅です。
町営住宅には建設費等に多額の税金を投入しており、入居者のみならず、町民全体の共有財産であります。
入居された方につきましては以上のことについてご承知いただき、大切に使用していただきますようお願いします。

町営住宅の入居資格

入居申込みできる方は、住宅にお困りで次の要件を満たす場合に限られます。
 
○ 一般世帯向け住宅の入居資格

   1. 世帯の収入が公営住宅法に定める基準以内の方
   2. 同居しようとする親族がいる方(ただし、5に該当する方は除く)
   3. 町税等を滞納していない方
   4. 持ち家を有していない方
   5. 単身でも入居できる方は、60歳以上の方、生活保護を受けている方、身体障がい者手帳1級から4級までの方、
    精神障がい者福祉手帳1級から3級の方、知的障がい者療育手帳A又はBの方。
   6. 申込者及び申込者と現に同居し、又は同居しようとする親族は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律
    (平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

   ※入居資格の詳細については、建設課建築・住宅グループ・総合支所庶務課窓口にお問い合わせ下さい。

○ 単独住宅(オアシス18)の入居資格

   1. 入居する方の収入が町長の定める額を超えない方
   2. 洞爺湖町に住所又は勤務先を有している方(予定者を含む)
   3. 申込者及び申込者と現に同居し、又は同居しようとする親族は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律
    (平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

   ※入居資格の詳細については、建設課建築・住宅グループ・総合支所庶務課窓口にお問い合わせ下さい。

 
○ 特定公共賃貸住宅(ホープ21)の入居資格

   1. 入居する方の収入が町長の定める額の範囲内である方
   2. 洞爺湖町に住所又は勤務先を有している方(予定者を含む)
   3. 申込者及び申込者と現に同居し、又は同居しようとする親族は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律
    (平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

   ※入居資格の詳細については、建設課建築・住宅グループ・総合支所庶務課窓口にお問い合わせ下さい。
 
 

町営住宅に係る各種手続

 入居申込みをする場合 
1. 町営住宅入居申込書に必要事項を記載(印鑑が必要)
2. 収入のある方全員の収入の証明となる書類(源泉徴収票など、詳細についてはお問い合わせください)
3. 扶養が確認できるもの(健康保健証等) 
  ※ 入居決定後に世帯全員分の住民票、町税の完納証明証及び連帯保証人関係の書類提出が必要となります。
 
 新たに同居をする場合 
1. 新たに同居を希望する方の入居者との関係がわかる書類を提出していただきます。
  ●必要な書類 : 同居承認申請書/住民票等(印鑑が必要)

2. 同居を希望する方に収入がある場合は収入の証明となる書類を提出していただきます。
 なお、同居することによって収入超過になる場合等は許可できない場合がありますので事前に相談してください。
  ●必要な書類 : 源泉徴収票等

  ※ その方の状況により必要な書類が異なりますので詳細については、直接お問い合わせ願います。
 
 
 同居者が転居した場合 
  ●必要な書類 : 同居者異動届書/転出した方の住民票(印鑑が必要)

 入居者(名義人)が死亡又は離婚などで同居者が引き続き入居を希望する場合 
  ●必要な書類 : 入居承継申請書(印鑑が必要)
 
  ※ 入居承継(引き続き入居する)することができない場合もありますので、お問い合わせください。
 
 退去する場合 
・ 事前に建設課建築・住宅グループまで、洞爺地区は総合支所庶務課まで連絡を下さいますようお願いいたします。
・ 設置した物品等は全て撤去していただきます。
・ 清掃を必ず行ってください。特に台所等を念入りに行っていただきますようお願いいたします。
・ 退去が完了した時点で、入居者立会のもと建築・住宅グループで、洞爺地区は総合支所庶務課で検査させていただきます。
・ 退去時に修繕箇所等がある場合は、修繕費用を求めております。
 ●必要な書類 : 退去届出書等(印鑑が必要)

地域住宅計画について

「地域における多様な需要に応じた公的賃貸住宅等の整備等に関する特別措置法」に基づき作成された、
北海道地域住宅計画は、以下のサイトで公表されております。


北海道 地域住宅計画