洞爺湖町 史跡入江・高砂貝塚
入江貝塚公園

縄文鍋や土器の野焼きなどを
   通して縄文文化を体験します

縄文文化の素晴しさを広める
        「縄文まつり」の様子

北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群の世界遺産登録をめざして

平成20年9月26日、文化庁の公募に応募していた32件の中から、世界文化遺産暫定リストに、北海道では洞爺湖町入江・高砂貝塚を含む4件が選ばれました。これら北海道・北東北の縄文遺跡が選定されたことは、自然と共存していた縄文文化の精神性が価値あるものとして認められたということです。そこで町では、縄文文化の素晴らしさをより多くの方々にアピールするための活動を広く行っていきたいと考えています。

入江・高砂貝塚館

世界遺産暫定一覧表追加資産に係る提案書

平成20年、北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録を目指し、北海道・青森・秋田・岩手の四道県が共同提出した「世界遺産暫定一覧表追加資産に係る提案書」が発表されました。この提案書には、洞爺湖町入江貝塚、伊達市北黄金貝塚、青森市三内丸山遺跡などの、北海道・北東北の主要な縄文遺跡について、概要と保存管理の状況・世界的な文化遺産としての歴史的・考古学的価値などについて、くわしく紹介されています。

詳しくはこちら⇒世界遺産暫定一覧表追加資産に係る提案書